レトロなインテリアとして人気急上昇中|ちゃぶ台の魅力を解説

和風のインテリア

サイズも豊富にある

ちゃぶ台

最近は、ちゃぶ台がレトロなインテリアとして注目を集めています。
そして、インテリアとして売られているちゃぶ台は、時とともに積み重ねた木の雰囲気が味を醸し出しているので本当に魅力的です。
また、他のインテリアとの相性がいいので、違和感なくすぐに馴染むことができます。
この他にも、手頃な価格なども注目を集めるひとつの要因となっています。
また、ちゃぶ台の形も丸形だけではありません。
色々な形があるのです。
まず定番の丸型のちゃぶ台があり、形には正円形と楕円形のものがあります。
和室のインテリアに最も合わせやすいものとなっています。
次に角型のちゃぶ台です。
この形は主に正方形と長方形があります。
この形はスペースを効率良く使うことができるので、一つの空間を有効的に活用しなければならない一人暮らしにもぴったりです。
また、アンティーク向けの豆ちゃぶ台というものもあります。
直径は30センチ前後とあまりにも小さいので、食卓という感じではありません。
なのでお茶を楽しむ時のちょっとしたテーブルにしたり、植物などの飾り台のように使用したりすることが出来ます。
そして、大きな一枚板のちゃぶ台というものがあり、これはいままでのものに比べて一番高価なものです。
なぜなら、木から大きな一枚の板を切り出すため高価になっているのです。
また、特に欅の一枚板を使っているちゃぶ台は上品な木目があるため、一級品だと言われています。
このように、ちゃぶ台は形やサイズが大きく異なるので、しっかり調べて自分に合うようなものを見つけることが大切です。

使い方や高さそして色味

和室

ちゃぶ台を選ぶときには、どのように使いたいか用途に合わせて選んでいきます。
円形タイプはどこに座っていても食卓のものを伸ばしやすく、座る人数に融通が利きます。
友人をよく家に招く機会が多いなど使う人数が上下するときには円形が使い勝手が良く、スペースを確保しやすいです。
長方形タイプは手持ちのインテリアと並行に置くことができ、スペースに無駄がありません。
ちゃぶ台の高さは通常25〜33cm程度ですが、低いものも多くありまし。
選ぶときには使うニーズに合わせて高さも含めて検討します。
床座で使うときには、子供から年配の人まで使いやすい高さが30cm前後です。
25cm程度の低めのちゃぶ台でも食事のときには手が伸ばしやすく、器を持ち上げるマナーも身に着きます。
ソファと一緒に使うときには、ちゃぶ台はもともと床座が基準に作られているためソファに合うものは少ないです。
高さ33cm程度のものを選ぶことがおすすめです。
購入時には手持ちのインテリアに合うかも選らぶときのポイントとなります。
木味タイプは拭き漆という方法で仕上げられていて深みがある風合いです。
木の雰囲気を楽しみたいときには木味タイプがおすすめです。
木味は控えめがよいというときには、漆やラッカーという溶剤などが使われているタイプがおすすめです。
特に漆よりもラッカーを使うタイプの方が色が落ちにくく、塗装の深みがあり経年劣化の色の変化も楽しむことができます。

選ぶ時の基本ポイント

和室

以前は多くのご家庭で使われていたちゃぶ台も、住環境の西洋化に伴い、次第にその姿も見なくなりました。
ところが、近年では便利に使えるローテーブルとして、再び脚光を浴びているのです。
それを反映するように多彩なちゃぶ台が販売されていますので、サイズや仕様などから、お部屋に合った物をチョイスできるようになっています。
ちゃぶ台を選ぶ時は見た目の雰囲気で決めることも一般的で、特に木の風合いを楽しみたい場合は、1枚板などの無垢材のちゃぶ台が人気です。
無垢材のちゃぶ台は使用すればするほど、風合いが増し、味のある家具へと変化していきます。
大切に使えば親から子へと受け継げるほど、耐久性に優れますので、丈夫なちゃぶ台をご希望の場合も魅力的な1卓です。
美しい木目を自然な色合いで堪能できるナチュラルや、深い色合いで落ち着いた雰囲気を持つブラウンなど、色にも種類がありますので、お部屋にベストマッチするカラーを選びましょう。
また、リーズナブルな物をお探しの場合は合板タイプなどが良く、色鮮やかに塗装されたカラフルなちゃぶ台も見られます。
そして、ちゃぶ台を選ぶ場合は脚部にも着目してください。
殆どのちゃぶ台は脚部を折りたためますが、木製と金属製があるため、設置するお部屋の雰囲気や用途などを基準に決めましょう。
基本的にちゃぶ台は室内での使用が主用途ですが、もしもバーベキューやお花見など、屋外で使うご予定なら脚部は金属製が便利です。

スペースを有効活用する

女性

ちゃぶ台は、脚が折り畳めるので使った後はコンパクトに片づけられます。そのため、多くの場合スペースを有効利用する目的で利用されています。ダイニングテーブルとして使用するのが一般的ですが、作業台や勉強机としても活用できます。

もっと読む

根強い人気の机

和室

イスに座る人が増える中でも親しまれているのがちゃぶ台です。ちゃぶ台は現代の日本の住宅にも合わせやすく、いろいろな種類があるので様々な用途で使うことが出来ます。ちゃぶ台を使うと床に座りますが、ラグや置き畳を使うとより快適に使うことが出来ます。

もっと読む

申し込みから受領まで

和室

ちゃぶ台は、受注生産品であることも多いので、申し込み時には納期などもチェックしましょう。通販の窓口が異なっても、発送はメーカー直送となるケースもありますし、カート方式ではなくメール発注の場合もあります。

もっと読む